自分が資本=ラットレース


今日は「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な「ラットレース」について僕なりの角度でお話しします。

 

まず、ラットレースとは、ハムスターなどが遊ぶ回し車の中で延々とクルクル回り、一向に前に進まない状態を指していて、それをサラリーマンで例えると、「働けど働けどお金が貯まらず先の見えない人生」を意味してたりします。

 

 

サラリーマンだからといってダメではない

サラリーマンでそれなりに裕福に暮らすなら、僕の経験上年収500万以上は必要だと思います。

 

自慢とかではないですが、
僕が住む沖縄で年収500はかなり高い水準で、僕のサラリーマン年収MAXは630万でした。

 

その時はサラリーマンとはいえ、
余裕のある生活で貯金もできてました。

 

それ以前は年収160万〜250万で、
車にガソリン入れるにも特売を狙ってたりして入れるような生活で、大変でしたね。

 

とはいえ、その低い年収の時は独身だったので、なんとか生活できましたが、この低い年収で家族があればより大変なワケで、家族共働きは避けられないんですよね。

 

さらに子供がいれば貯蓄すら困難になりがちなので、まさにラットレースにハマってしまう悪循環でどうにも動かなくなっちゃいます。

 


このことを考えると、
ビジネスを始めるタイミング次第でハードルは上がるということがいえそうですね。

 

 

行動は早いうちに。

上記のように、いつの間に悪循環にハマる可能性は往々にしてあるので、比較的お金が使えるうちに、

サラリーマン以外の収入を得るようにして、サラリーマンとプラスαで豊かに生きるという選択肢は外せないかなっておもいます。

 

 

ちなみに、サラリーマンとプラスαより、独立する方が群を抜いて収益は上がりやすいですが、そこは個人差が出るので、どちらを選ぶかはその人次第ですね。

 

 

少し余談ですが、、、

不動産に興味がある方は、
不動産収入で余裕な生活ができるまではサラリーマンでいた方が銀行融資を引きやすいのでオススメです。

 

銀行は年収1億稼ぐ個人起業家より、
年収200とか300万あるサラリーマンに融資します。

 

銀行は不安定な起業家より、
年収低くても勤めてるサラリーマンを安定してると見るから。

 

実際は起業家が総合的に安定してるんですけどね。

 

それでも銀行は毎月決まった額を得られるサラリーマンに魅力を感じるということです。

 

 

少し話は逸れましたけど、
ラットレースにハマる前に抜け出す施策はやっておいた方が長い人生において有利に働くはずです。

 

すでにラットレースにハマってる場合は、
ダブルワークなり休日返上でバイトするなりして、まずは資金貯めをした方が賢明です。

 

 

ただ、どうしても資金をほぼかけずに何か副業、起業するのであれば、情報発信やアフィリエイトを推します。

 

 

これであれば学びながら実力つけながら成長できて収益につながるし、なによりも情報発信、

アフィリエイトはビジネススキルがもの凄く鍛えられるので、最終形は何があっても自分でビジネスを起こしてやっていけます。

 

 

もちろん、
それなりに勉強、実践、
データ取り、実践という感じでやることはあります。

 

個人的には東大へ入るための勉強よりはるかにネットビジネスを学ぶ方が簡単だと思います。

 

 

自分の人生は自分でデザインする

※メルマガ配信は一時中止しており、LINE@のみの配信となっております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA